五十嵐威暢 記憶のかたち展

こちらの展示は終了いたしました。 >>最新の展示はこちら
五十嵐威暢 記憶のかたち展
五十嵐威暢 記憶のかたち展

Design:Junya Kamada

開催日
2014年5月29日(木)~7月22日(火)
時間
11:00~19:00
※2014年7月22日(火)のみ 17:00まで
場所
1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
入場
無料
主催
株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
札幌グランドホテル

北海道空知地方で小学校六年生までを過ごした私は、
恵まれた自然環境の中で多くのことを学びました。
知らず知らずのうちに、つくることの意味を知り、素材に向き合う自由を楽しみ、
身体と自然素材との連携を体得しました。
今日に至る私の制作の基本は、
その頃に出来上がったと言っても過言ではありません。
作品は、硬質の粘土を使い、身体と記憶の中に潜む感覚を頼りに、 多種の道具と道具とは言えないようなものをも使用し、 即興的に、彫り・叩き・押し付け・削る手法で制作しました。
粘土に対峙した瞬間に身体が動き、力が加わり、
遠い昔の故郷の色や光、川と山からの風や匂いなどが一気によみがえり、 自然の成り行きのごとくカタチが生まれました。
乾燥後、土の表面は様々な釉薬に覆われ、焼成され、
色のマントを装い、繊細なディテールを得た作品を手に取ると、 それは私の記憶のかたちそのもので、
まるで自然からの贈り物を受け取ったように感じたのです。

五十嵐威暢(いがらし たけのぶ)
アーティスト

1944年、滝川市生まれ。ニューヨーク近代美術館のカレンダー、サントリーホール・カルピスのVIデザインなど、グラフィック・プロダクトデザイナーとして活動し、世界から注目をあびる。1994年、米国に移住し彫刻家に転身。2005年、故郷滝川市のプロジェクトを機に帰国し、主に公共空間のための彫刻を制作し続けている。多摩美術大学学長。
道内の代表作に、滝川市一の坂西公園の高さ21mの鉄の彫刻「愛称:ニョキニョキ」、札幌駅の星の大時計、JRタワーのロゴマーク、滝川市立病院の木の彫刻「cosmos」、望楼NOGUCHI登別のロゴマーク及び彫刻、大通BISSEのエントランスに浮かぶ木の彫刻「sky dancing」、札幌駅パセオ地下広場の幅18mのテラコッタの壁面彫刻「テルミヌスの森」など。
北海道新十津川町の旧吉野小学校を改修した自身のアトリエ兼ギャラリー「かぜのび」は、5月~10月に一般公開中。

www.takenobuigarashi.jp

デザイナー・アーティスト・建築家を目指す若い人のための相談会

開催日 デザイナー・アーティスト・建築家を目指す若い人のための相談会は終了いたしました。
2014年7月17日(木)
時間18:00~21:00
会場東館3階 GINSEN(ぎんせん)
定員カウンセリング希望者 5名(要予約・選考あり・学生可・30歳以下限定)
※カウンセリング希望者は事前にカウンセラーに相談したい内容を提出していただきます。
参加者 100名(先着順・要予約)
参加費カウンセリング希望者 ¥2,500
参加者 ¥1,000
出演五十嵐 威暢 (アーティスト)
山岸 正美 (株式会社マーケティング・コミュニケーション・エルグ代表)
五十嵐 淳 (建築家)
国松 希根太 (アーティスト)
内容 五十嵐 威暢氏と、札幌を拠点に各分野において全国へ活躍の場を広げている、山岸 正美氏、五十嵐 淳氏、国松 希根太氏の3名をカウンセラーにお迎えし、相談会を開催いたします。

記念講演会/レセプション

開催日記念講演会/レセプションは終了いたしました。
2014年5月29日(木)
時間記念講演会 18:30~19:30
レセプション 19:30~20:30
定員100名(参加無料・要予約・先着順締切)
会場グランビスタギャラリー サッポロ
札幌市中央区北1条西4丁目札幌グランドホテル1階ロビー内
グランビスタギャラリー サッポロのご案内
  • 最新の展示
  • 過去の展示

グランビスタギャラリー サッポロ館内案内グランビレッジニュースリリース採用情報
各種約款お問い合わせ・Q&Aサイトマップ
札幌グランドホテル「グランビスタギャラリー サッポロ」で展示される 五十嵐威暢 記憶のかたち展 のご紹介です。

GRANVISTA Hotels & Resorts Co., Ltd.

© 2017 GRANVISTA Hotels&Resorts co.,Ltd. All Rights Reserved.

ご宿泊日

予約室数 室 1室あたりのご宿泊人数

  • 日付で検索
  • 宿泊プランから検索
  • 法人専用宿泊予約