LOCAL VALUES

1934年に開業して以降、
北海道とともに、北海道民とともに
歩み続けてきた札幌グランドホテル。
今も脈々と受け継がれる精神を、
その軌跡とともに紐解きます。

文化を築く 北海道の発展のため、
 札幌の地に新たな風を。

北海道の産業開発や外客誘致がさけばれていた時代。故秩父宮殿下の「札幌に本格的な洋式ホテルをひとつ建てたら」のひと声により、1934年、札幌グランドホテルは北海道初の本格的洋式ホテルとして開業しました。今まで見たこともない豪華なホテルの完成は、開業当日の『北海タイムス』の紙面トップに「外観内容とも堂々」と見出しが載るほど注目を集めました。

札幌市民20万人の喜びと期待を一身に受けたホテルは、まさに異国そのもの。品の良いシャンデリアや洋風にデザインされたメニュー表、ワイングラス、エレベーターガールの洋装ユニホームなど、さまざまなものにクラシカルでモダンなデザインが施されました。当時としては珍しい英文表記の案内パンフレットやウィンドウディスプレイも、札幌の人々にとってはじめて目にする存在でした。当時から札幌グランドホテルは、札幌の街に最新の文化を発信していくという重要な役割を担っていました。

縁をつくる 宿泊する場だけではなく、
 常に感動する場へ。

開業当時、札幌グランドホテルは全国の政界・財界を代表するゲストの利用が多く「北の迎賓館」と称されていました。そのため、札幌市民にとっては優越感を感じるが敷居が高い存在でした。そこで1935年にはディナーショーや札幌のホテル初のクリスマスパーティーなど、市民のためのパーティーを実施しはじめました。さらに「鮭のステーキ40銭」「アップルパイ20銭」と当時の市民になじみやすい価格での洋食販売などもはじまり、次第に地元札幌の人々に「親しみのあるホテル」として浸透していきました。

ご宿泊のお客様もお食事やご宴会のお客様も、どのお客様も札幌グランドホテルにとっては大切なお客様です。ご宿泊においても、1954年の昭和天皇・皇后両陛下ご来館をはじめ、ウィーン少年合唱団、ニューヨーク・ヤンキース、ヘレン・ケラー女史、エディンバラ公フィリップ殿下など、誰もが知る国内外のVIPなお客様をおもてなししてまいりました。

いつの時代も、一流のホテルとして常にお客様の感動をつくることを私たちは心がけています。

一流でもてなす すべてのお客様に、
 心に残る体験を 。

一流ホテルにふさわしい、一流のホテルマンであること。そのためには、お客様のニーズやトレンドを的確に掴み、お客様の期待に応え続けることが大切だと考えています。開業当時から受け継がれる「ホスピタリティ・ファースト」の精神には、いつも明るい笑顔と挨拶、親切、丁寧、迅速な対応という心がけが備わっています。

「五感を通じて、ご満足いただきたい」というその想いは、料理にも現れています。札幌グランドホテルの設立主旨書に「料理は豊富なる北海道産の食材を充分利用し、続々来遊する都人士をあっと言わせる積りであります」とあるように、旬の北海道産にこだわり、常に本格を追い求めてシェフや板前を採用。ホテルの味づくりに力を注いできました。

さらに、1936年には「秋の国際料理」と銘打って、日本料理、フランス料理、アメリカ料理、ロシア料理など、世界各国の最もいいところをとって立派な一人前の料理に構成する斬新な試みも行われ、東京や関西の味とは違う北海道の味を追求していきました。「札幌グランドホテルの味」は、伝統を継承しながら斬新な発想でお客様をおもてなし続けています。

未来をひらく文化を伝える時代の
 先駆者として。

厳粛な伝統と格式を重んじながら、新しく洗練を重ねてきた札幌グランドホテル。だからこそ、伝統に安住するのではなく、古き良き時代のホスピタリティを大切に守り、引き継いでいくこと。北海道民、札幌市民と共に歩んできた自負と誇りを持ち続けること。東京や外国のコピーではない、自立したニューロカリズムを確立していくこと。そして、いつも新鮮で意外性を失わない若さを保ち、最先端を走り続けるフロンティアーズ(先駆者)であることを心がけています。

「老舗の札幌グランドホテルは
いつも新しい」と感じていただける
北海道のリーダーシップホテルとして、
これからも走り続けます。

HISTORY札幌グランドホテルの歴史

  • 1934年(昭和9年)

    札幌グランドホテル開業

  • 1951年(昭和26年)

    北海道初の政府登録国際観光ホテル

  • 1954年(昭和29年)

    昭和天皇・皇后両陛下ご宿泊

  • 1966年(昭和41年)

    新館(現本館)開業

  • 1971年(昭和46年)

    皇太子、同妃殿下(今上天皇・皇后両陛下)ご宿泊

  • 1976年(昭和51年)

    新館(現東館)開業

  • 1978年(昭和53年)

    日本初のベルパーソン(女性ベルボーイ)が登場

  • 1982年(昭和57年)

    英国エディンバラ公ご宿泊

  • 1984年(昭和59年)

    中国胡耀邦総書記ご宿泊

  • 1985年(昭和60年)

    別館開業

  • 2002年(平成14年)

    札幌コンベンションセンター内にテラスレストラン「SORA」をオープン

  • 2006年(平成18年)

    東館コンフォートフロア(14~16階)リニューアル
    チャイニーズレストラン「黄鶴」リニューアル
    メインロビー、4Fフロア、レストラン、ホテルショップリニューアル

  • 2008年(平成20年)

    北海道洞爺湖サミット拡大会合
    新興5カ国首脳会合開催

  • 2011年(平成23年)

    宴会場「クリスタルホール」リニューアル

  • 2013年(平成25年)

    東館客室リニューアル
    レストラン「ノーザンテラスダイナー」オープン
    「グランビスタギャラリー サッポロ」オープン
    開業80周年

  • 宿泊プラン
  • 宿泊+航空券プラン
  • レストラン